web予約はこちら
MENU

ブログ

歯磨き粉の使い方って?

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

歯磨き粉を正しく使えていますか?

 

 

歯磨きをする時に、歯磨き粉を上手く使えると歯磨きの質があがります。

何となくあるものを使って、磨いてしまっていませんか?

少し使用方法を知るだけでも、効果は変わってきます。

現在販売されている歯磨き粉は、種類も数も多いです。

その中でも、皆さんがよく目にするフッ素含有の歯磨き粉の使い方についてお話しできたらと思います。

 

以前のブログも参考にしていただけるといいかと思います。

結局、歯磨き粉は何がいいの?(初めに編)

 

以前、紹介させてもらった

Check-Up standardチェックアップ スタンダードでは

 

 

“フッ素の効果を引き出す長時間ブラッシング、少量洗口に適した組成。

効果的な使用方法

  1. 歯科用ハブラシと同じ長さにCheck-Upペーストをのせる。
  2. 口腔内をしっかりブラッシング。
  3. ブラッシング後、軽く吐き出し、洗口は1回だけ。
<洗口方法>

出典:ライオン歯科材株式会社

 

と書かれています。

 

フッ素含有歯磨き粉を使う意味には、

むし歯の予防があります。

歯磨きが正しく出来ている時に、その効果を最大限に引き出す必要があります。

 

ここで、大事になるのが

歯磨き粉の成分をいかにお口の中に留めておけるかということになります。

 

ライオン歯科材株式会社さんのチェックアップの説明にもあるように

多めの歯磨き粉を使用し、すすぐのを少なくする意味としては

お口の中に滞留するフッ素を多くしたいからです。

 

歯の再石灰化や歯のフッ素の取り込みには時間がかかるので、

出来るだけお口の中に多くのフッ素を留めれるようにするのが効果的だからです。

 

フッ素含有の歯磨き粉を使うのであれば

高濃度のものを使用する

しっかりと量を使う

・磨いたあと、すすぐ回数を少なくする

・発砲作用の少ない物を使う      などのことを意識しましょう。

 

発砲作用の少ない物を選ぶ理由には

 

 

泡立ちが良すぎると、

磨いた気になってしまう

すすぐ回数が増える  事につながるからです。

それをしてしまうと、せっかくフッ素含有の歯磨き粉を使っているのに

フッ素がお口の中に留まらず、効果が少なくなってしまうからです。

 

 

今回はフッ素含有の歯磨き粉の使い方について話しました。

一番の目的は、使用することで有効的にむし歯予防することです。

 

本来は、歯科医院で現在のお口の状態を診てもらい治療や検診を受けるのが良いです。

そのうえで、ご自身に合った歯磨き粉を使用することでより効果的になります。

 

ただ、現在なかなか歯科医院を受診出来なかったり、いけていない方も多いかと思います。

毎日のケアで、少しでも歯磨き粉を有効に使って

むし歯の予防やお口の健康の増進に繋がればと思います。

気になることや異常があれば歯科医院を受診しましょう。

 

 

関連記事

結局、歯磨き粉は何がいいの?(初めに編)

 

 

歯やお口の悩みを相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851