MENU

ブログ

歯周治療とメンテナンスの違いって?


歯科医院で

歯のクリーニング歯石取り歯周病治療、定期検診での歯のメンテナンスを受けたことがある方は多いかと思います。

でも、実際どのような違いがあり処置の内容がどういったものなのかを知らないことが多くないですか?

今回はその違いについてお話します。

 

そもそも歯周病治療は、病的な状態のハグキや歯の周りの組織を治すための治療です。

定期検診歯のメンテナンスでは、歯周病の治療や歯の治療が終わった後に口の中の健康を維持していく、再発してないか確認する、弱い部分に対して安定しているかなどの経過を診ます。

そのうえで、汚れや歯石を取っていきます。

なので、口の中が病的な状態であるか、病状が治癒または安定している状態である、かが大きな違いとなります。

実際の処置としては、患者さん側からすると治療内容に差を感じにくいかもしれません。

 

歯周病治療でも定期検診でも、歯に付いた汚れや、歯石などを取っていきます。

しかし、

歯周病では歯ぐきと歯を支えている骨が病的な状態であったり、炎症を起こしている状態です。

その原因となっている原因物質(歯石や汚れなど)を取り除いて、病状を改善、安定させる為にします。

もっと言えば、歯に合っていない被せ物をやり替えて、歯周外科や矯正などをおこなってお口全体がケアしやすい状態にしていくことも含まれます。

また、炎症が起こっているため治療時に痛みを感じやすいことが多いです。

ハグキの上に付いている歯石だけでなく、ハグキの深い部分に付いてる歯石や炎症性物質を取り除く必要があるので、痛みやすいのです。

深い部分の歯石を取るのに、麻酔の必要がでたり歯周外科の必要もでてきます。

治療回数も歯周病の重症度によって様々ですが、一般的に治療回数は多くかかります。

 

 

定期検診での掃除やクリーニングでは、お口の中の病的な状態が改善され、安定している状態ですので

再発してないか、新たに悪くなっているところがないか確認しながら、汚れや歯石を取っていきます。

お口の中の状態が改善されて、安定しているので歯の掃除やクリーニングしても痛みは少ないです。

ただ、知覚過敏がある歯や、病状が再発していたり、汚れが増えてしまい炎症を起こしているとクリーニング時でも痛みを感じます。

その様な場所を見つけ、早期に治療を始めることで治療回数も減り、病状の安定や改善もスムーズに進みます。

また、ご自身のお口の中での弱い箇所、磨き残しやすい箇所を改めて知ることで毎日のケアの質を上げることが出来ます。

異常を感じた場合にも、早期に受診するきかっけにもなります。

 

このように、同じ掃除やクリーニングに感じてもおこなっている内容が全然違います。

お口の中というのは、生きている限りずっと使っていきます。

なので、自覚的に異常がなくても汚れや歯石はつきますし、歯の表面にも細かいキズがつきます。

定期的に検診やクリーニング、チェックを受けてもらうことで

早期発見、早期治療につながるとともに、健康な状態を維持できます。

また、健康な状態であればホワイトニングなどすることで更にキレイに美しいお口を保てます。

 

なかなか問題がなければ足が運びにくいですが、ご自身のお口の健康と歯をより一層よくするために歯医者を受診し、クリーニングなどを受けましょう。