web予約はこちら
MENU

ブログ

白い被せ物をいれたいな~

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

皆さんは白い歯にしたいと思っていますか?

 

 

 

 

多くの方は白い被せ物やキレイな歯にしたいと思っていると思います。

 

ただ、

 

・費用が高い

 

・保険との違いがわからない

 

ということがあってなかなか決めることが出来ないのだと感じています。

 

 

 

そこで今回は白い被せ物と保険の被せ物との違いと、白い被せ物を選ぶうえで大事なことについて話していきます。

 

 

 

保険の被せ物について説明します。

 

 

保険の被せ物は国が決めた範囲の材料を用いて作ります。

 

 

作っていい物や組み合わせなども全て決まっています。

 

 

保険の被せ物は金属やレジンを使っているので

 

長期間使っていると表面があれたり、粗造になってくることがあります。

 

 

着色の原因になったり、汚れが付着しやすくなったりします。

 

 

また、金属アレルギーなどのことも最近では言われるようになってきています。

 

基本的には身体に影響が出ない金属を用いていますが

 

金属は合金を使用しているため

 

その含まれている金属のどれかによってアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

 

治す箇所やある一定の条件を満たすなどすれば

 

保険治療でも金属でない被せ物をいれることができます。

 

ただ、先ほども述べたように

 

国が決めた条件を満たさないといけないという決まりがあるので

 

全ての歯を保険治療の範囲で白い被せ物をいれることは難しいです。

 

材質も決まっているので長期で使うと表面が粗造になりやすいです。

 

 

それでも

 

多くの方に適用しますし

 

保険治療なので経済的な負担が少ないです。

 

 

 

次に

 

保険外の被せ物は

 

 

材料や材質、作り方などは全て自由です。

 

白くしたい箇所や色味など自由度が高いです。

 

 

白いというだけでなく

 

 

材質が良いというのも大きな利点です。

 

 

セラミックであれば

 

材質が良く表面が滑沢なので、汚れが付きにくいです。

 

金属を用いておらず、金属アレルギーの心配がありません。

 

 

適用範囲も広く見た目なども、天然の歯に近くすることもできます。

 

 

欠点としては、やはり経済的な負担が大きいことがあります。

 

もう一つは白い被せ物は種類があり

 

ただ白くてキレイというだけではどれを選べばいいか分からず

 

金額だけで選んでしまうことがあります。

 

 

白い被せには

 

・セラミック

 

・ジルコニア

 

・ハイブリッドセラミック   などがあります。

 

医院によって取り扱っている物が違いますので、どんな種類があるか聞いてみてください。

 

これらの材質はどれも滑沢で表面性状はとてもいいです。

 

金属アレルギーの心配もありません。

 

ただ、材料によっては

 

歯より硬すぎる物があります。

 

歯より硬すぎると、噛み合わせの歯が長期でみた時に

 

すり減りが早かったり、噛み合わせの調整が難しかったりします。

 

白い被せ物をいれる場合は

 

この点を一つ頭に入れておいてもらうと良いと思います。

 

 

 

 

保険治療での被せ物も

 

保険外の被せ物もメリット、デメリットは

 

どうしてもあります。

 

天然の歯に勝るものはありませんが、

 

被せ物などをする場合には

 

金額や白いというだけで決めるのではなく

 

 

ご自身に合った物をしっかりと説明を聞いて選択してもらえたらと

 

思います。

 

三木歯科では、被せ物の相談、説明にも力を入れておりますので

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

関連記事

手軽にキレイになる歯の治療はないかな~

 

 

 

被せ物、治療の相談が出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851