MENU

ブログ

治療って痛いの?


歯科治療において痛い、痛そう、というのは多くの人が抱いているイメージだと思います。

ですが、痛みを極力抑えて治療はできます。

 

歯科治療での痛みのイメージとしてむし歯を削るとき、歯を抜くときが多く、後は麻酔時の痛みだと思います。

治療時にしっかりと麻酔が効いていれば痛みはありません。

ただ、その麻酔をする時の痛みがあるので歯科治療=痛いというイメージがあるのだと思います。

麻酔時の痛みを極力抑えるために

 

1表面麻酔をおこなう

歯科治療時におこなう麻酔は歯茎に注射をして麻酔薬をいれます。その注射をする歯茎に表面麻酔剤を塗ります。

表面麻酔剤にはテープ状のものやジェル状やクリーム状のものがあります。

表面麻酔を歯茎に効かすために、歯茎をしっかりと乾かして表面麻酔剤を塗り麻酔剤が歯茎に浸透するのを待ちます。

 

2麻酔薬を温めておく

歯茎に注射をして麻酔薬をいれるので、その際に麻酔薬が冷たかったりすると温度差で痛みを感じやすくなります。

なので、麻酔薬を体温くらいにまで温めておくことで注入時の痛みの原因の一つを軽減することができます。

 

3注射針を細いものを使う

歯茎に麻酔を注射するときの痛みの原因の一つに注射針の太さが関係します。

注射針のサイズが35Gというもので、針寸法が0.23mmととても細く注射時の痛みを少なくできます。

4電動注射器の使用

麻酔薬を注射するときに圧をかけたり、勢いよく注入すると痛みの原因になります。

麻酔薬の注入速度や注入圧をコンピューターが自動的にコントロールして痛みを少なくします。

 

他に麻酔に対して極度の恐怖や緊張が強い方には、笑気吸入鎮静法をすることがあります。

恐怖や緊張が強いと痛みを感じやすく、また注射をみるだけで痛みを想像してしまいます。

笑気とは亜酸化窒素と酸素を混ぜたガスで、それを鼻から吸入することでリラックス効果と少しの鎮痛効果があります。

笑気を吸った状態で、麻酔をすると痛みを抑えることができます。

 

麻酔時の痛みが強くでる原因として

・むし歯などで痛みがすでにある

・歯茎が腫れて痛みがある

などすでに炎症を起こして痛みがある場合は特に麻酔時の痛みは中々抑えることが難しいです。

炎症があると、麻酔の効果がうすれ効きにくく

腫れている場合には、麻酔薬を注入することで圧が高まり圧迫し、痛みがでやすくなります。

なので、歯科治療を受ける時に、痛みを少なくするためには

まず痛みや腫れといったことがおきるまで放置しないことも非常に大事になります。

症状が軽いうちの処置であれば麻酔がなくても治療ができることが多いです。

現在、お口の中できになることがあれば、早めの受診をおすすめします。