web予約はこちら
ホワイトニング専門サイト
ナチュラルセラミック専門サイト
MENU

ブログ

歯間ブラシ、フロスを使う意味って??どれを使えばいいの?

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

 

毎日の歯磨きで歯間ブラシ、フロスを使っていますか?

 

 

多くの方が使われていないように感じます。

使うことによって、確実にむし歯などになるリスクを下げれます。

 

歯間ブラシなどを使う意味、まずはこれを使おうという物について説明していきます。

 

 

そもそも、歯磨きをするのは

 

むし歯や歯周病にならない、なりたくないためにしますよね?

 

よりむし歯や歯周病になるリスクを下げていくのであれば、歯間ブラシやフロスを使う必要があります。

 

ただでさえ、歯磨きだけでも難しい、面倒だと感じている方は多いと思いますが

 

歯ブラシだけでは汚れが落ちないからです。

 

 

歯と歯が接している所には、歯ブラシの毛先が当たらないからです。

 

当たらないという事は、汚れが落ちていないですよね?

 

なので歯間ブラシを使う必要があるのです。

 

 

そこまでは分かったけど、そもそもどれを使ったらいいのか分からない!

 

ってなりませんか?

 

まずは、これを使ってみましょう!

DENT.EX ウルトラフロスデント イーエックス ウルトラフロス

画像 / DENT.EX ウルトラフロス デント イーエックス ウルトラフロス

 

 

高い耐久性と操作性で繰り返し使えるY字ホルダータイプのデンタルフロス

使いやすさを追求したY字型ホルダーで臼歯部にも使いやすく、高耐久性、低摩擦力の『テクミロン』採用で繰り返し使えます。カラフルなホルダーカラーがフロッシングタイムを楽しく彩り、フロッシングの習慣化をサポートします。

  • 【アイテム】歯間清掃用具
  • 【 用 途 】う蝕・歯周病・インプラント・成人

 

特長

  1. プラークをしっかり除去

    フロスにわずかなたるみを持たせることで、束状のフィラメントが歯面に巻きつくように広がり、効果的にプラークを除去します。

  2. 使いやすいY字型ホルダー

    丈夫で持ちやすく、操作性に優れた独特のY字ホルダーを採用。前歯部から臼歯部まで確実にコントロールできます。

  3. 切れにくく繰り返し使える

    耐久性に優れたテクミロンTMフロス。
    その引張破断強度はナイロンフロスの約3~5倍。ハブラシと同じように、水で洗って繰り返し使えるので経済的です。

  4. 歯間部への挿入がスムーズ

    テクミロンTMの摩擦抵抗力はナイロンの約1/4~1/3。
    滑りがよく、きつい歯間部でもスムーズに入り込みます。

テクミロンTMとは?

テクミロンTM:高強度・高性能のポリエチレン繊維

超高分子量ポリエチレンから造られた高強度繊維材料。
ヨットのロープ、セイルクロスなど、強度や耐久性が求められる製品に使われています。

 

https://www.lion-dent.com/client/products/basic/ultrafloss.htm

出典:ライオン歯科材株式会社

 

ライオン歯科材株式会社さんのウルトラフロスです。

 

初めての方にも非常に使いやすいです。

 

サイズ選びもそこまで難しくなく、手始めにまず使うのにおすすめです。

 

特長にある2と3の部分が初めての方におすすめする理由です。

 

Y字型ホルダーであれば歯と歯の間に入れやすく、清掃しやすいです。

初めてフロス使ってみようかなと思う方のハードルが下がっていいと思います。

 

ほつれにくいので、何回か使用でき経済的です。

 

使いやすい、経済的ですので使用に慣れるという点でおすすめしています。

 

 

 

その次が

 

DENT.EX 歯間ブラシデントイーエックス 歯間ブラシ

画像 / DENT.EX 歯間ブラシ デントイーエックス 歯間ブラシ

 

出典:ライオン歯科材株式会社

 

これは、ある程度ご自身のお口の中の状態が分かっている方におすすめです。

ブラシ部分が真っすぐなので、歯と歯の間を掃除するうえで

隙間の大きさを把握しておく必要があるからです。

歯と歯の間でも、場所によっては隙間の大きさが異なるからです。

サイズを間違うと清掃効果が若干落ちてしまいます。

また、窮屈だなと感じるところを無理に通すとハグキを傷つけてしまうことがあります。

 

 

歯間ブラシやフロスをまず使ってみたいなと思う方は参考にしてみてください。

 

歯間ブラシなどを使用するのと使用しないのとでは

確実にむし歯などにかかるリスクは変わってきます。

 

始めは面倒だと感じると思いますが、習慣になれば何の問題もなく使用できます。

むし歯や歯周病になるリスクを減らし、お口の健康を守っていきましょう。

 

また、歯間ブラシなどを使用する場合には

まず歯科医院でお口の状態を診てもらいましょう。

そうすることで、歯間ブラシが合っているのかフロスのが合っているのか分かります。

歯間ブラシのサイズや正しい使用方法を知ることで、より効率的に清掃できます。

同じ時間をかけるのであれば、より効果的に使って歯の健康を守りたいですよね?

 

気になる方は一度歯科医院を受診しましょう。

 

 

 

関連記事

結局、歯磨き粉は何がいいの?(初めに編)

歯磨き粉の使い方って?

 

 

 

歯のケアや磨き方を相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851