web予約はこちら
MENU

ブログ

歯科の治療回数の多さって?

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

歯科治療を受けたことある人は治療回数が多いな、治療期間が長いなと感じたことがありますか?

 

患者さんからもこんなに回数かかるんですか?

 

まだ、全部終わらないんですか?という言葉をもらうことがあります。

 

お口の状態によっては治療期間や治療回数が多くなることがあります。

 

歯の治療は、歯やお口の中の状態によって大きく変わってきます。

 

全ての歯(親知らずを除いて28本)が問題なく生えており

ハグキやその他の組織にも問題なく、たまたま1本の歯にむし歯が見つかった場合には

治療は1回から2回で終わることがほとんどです。

 

このような時であれば、ご自身もむし歯があった事に対するショックはあっても

治療回数に対する疑問は少ないかと思います。

 

また、むし歯が多くあり、痛みがあり、歯のない箇所が複数あり、

ご自身でも噛みにくいなどの自覚症状がある場合に

治療回数や来院回数が多くても納得できる部分が多いのではないかと思います。

 

 

痛みがなく噛むのに問題がないけれど、

 

・多くの歯がむし歯になっている

・歯の根の先に問題がある

・全体的にかみ合わせが狂っている

・ハグキの状態が悪い

・歯を失っているところが多い 

 

などあてはまるものが多い場合は治療回数も治療方法も非常に多くなります。

 

 

むし歯では、むし歯の大きさやなっている箇所によって治療方法が変わります。

 

神経にまでむし歯が到達していると神経の処置になり、治療は複雑になり回数も増えます。

 

根の先に問題がある場合も、根の治療をして症状の改善を診て、治りが悪いときには外科的な治療も必要となることがあります。

 

 

全体的な噛み合わせが狂っている場合には

全ての歯を触って噛み合わせを元に戻さないといけないこともあります。

 

 

ハグキの状態が悪い場合には

まずセルフケアである毎日のブラッシングの質をあげる必要があります。

 

歯石取りや、状態によっては外科的な処置もおこないハグキの状態の改善をはかります。

 

 

歯を失っているところが多い場合には

治療方法が非常に多くなります。

 

インプラントが適応になるのか、入れ歯なのか、ブッリジで治すのか

それとも組み合わせて治すのかなど治療方針も複雑になります。

 

インプラントをする場合には、インプラントをうってから噛めるようになるまでは

方法によりますけれど期間がかかります。

 

入れ歯やブッリジの場合にも、大きさや、残っている歯の数などによって設計や適応となるものが変わってきます。

 

ここまで話をしても患者さんとしては、自覚症状もなく問題なく生活ができているのに

こんなに治療の必要があるのかと思ってしまいますよね。

 

放置することで、生じてくる問題や症状が出てからの治療では難易度もあがっていきます。

 

現在時点で治療をしなかった場合や症状のあるところの治療だけで済ますと

今後どうなるかということを知ってもらうことが大事です。

 

何度も言うように、お口の中の状態が悪くなればなるほど、治療は複雑になり期間も回数は増えていきます。

 

途中で治療を中断して、期間が長くあいてしまうと治療を一からし直さないといけなかったり、

あるいは治療計画を変えなくてはいけなくなります。

 

 

また、

治療回数が増えたり

 

治す箇所が多く

 

歯のない箇所が多ければ多いほど治療費もかさんでいきます。

 

 

お口の中に問題ないのが一番ですが、自覚症状がなく悪くなっていることもあります。

 

歯やお口の健康は、客観的にお口の中をチェックしてもらい

定期的に検診やクリーニングを受けることで予防ができます。

 

また、早期の治療であれば治療回数も期間も比較的短くてすみます。

 

治療が長期にわたっても、がんばって治療し安定した状態を保つことでお口の健康を維持できます。

 

現在、問題がない方、自覚症状があるが受診できていない方は一度受診されることをお勧めします。

 

 

 

関連記事

なかなか歯医者へいけてない方へ

 

 

 

歯やお口の悩みを相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851