MENU

ブログ

歯石って?


歯石って聞いたことありますか?

唾液のカルシウム成分やリン酸イオンなどが歯垢に沈着して固まったものです。

歯石は固く歯にこびりついており、歯磨きでは取り除くことが出来ないので、歯科医院で機械などを使って取らないといけません

そもそも、なぜ歯石があるとダメなのか?また、取らないといけないのかが重要になってきます。

歯石は先ほども書いたように、固く歯にこびりついています。

歯石の表面は非常にザラザラしており、さらに歯に汚れが付きやすい状態となっています。

なので、いくら頑張って歯磨きをしても歯石自体をとることが出来ないので、常に汚れが歯と歯茎についている状態となります。

歯と歯茎のきわに歯石がついて汚れていると、歯茎が炎症を起こし歯肉炎をおこします。

歯磨きをしたときに血が出やすかったり、歯茎が赤く腫れている状態です。

この状態のまま放置すると、歯と歯茎の境の奥の方にまで炎症が進み歯周病へとなっていきます。

炎症が歯茎の奥の方で起きると、血が中でも出ます。

その血液の成分と歯垢や汚れが固まって、歯と歯茎の境の奥に歯石を作ってしまいます。

これを、歯肉縁下歯石といいます。因みに、歯の表面に付いている歯石は歯肉縁上歯石といいます。

歯肉縁下歯石は歯肉縁上歯石に比べるとさらに固いです。歯にも強く引っ付いています。

その周りもやはりザラザラしているので、汚れが付きやすく縁上歯石以上に歯ブラシでそこの汚れを取り除くことができないです。

この状態が続くと、ずっと歯茎の奥でも炎症がおき更に細菌が増えて歯周病がどんどん進行してしまいます。

ご自身のケアだけでは防ぎようがなくなってしまうので、歯科医院で歯石を取る治療が必要となります。

縁上歯石は縁下歯石に比べると、柔らかいので治療回数も少なく痛みもあまりなく取れます。

縁下歯石は歯茎の中にあり、どうしても器具や機械を歯茎の奥に入れるので痛みがでやすいです。

また、固いため一度の治療で全て取り切れないことが多く、治療回数も増えます。

因みに縁上歯石は唾液成分が関係しているので、唾液が出る場所に多くつきます。

上の奥歯のほっぺた側の歯と歯茎のきわと、下の前歯の裏側によく付きます。

色は白~淡黄色です。縁下歯石は血液成分が関わるので赤褐色~黒色をしてます。

一度、下の前歯の裏側を鏡などで見てみるとあるのがわかるかもしれません。

定期的なチェックと掃除を受けることで、歯石を早い段階でとれて歯とお口の健康も守れます。

歯石は口臭の原因にもなりますので、一度気になる方は歯科医院を受診して、チェックを受けてきれいにしてもらいましょう。