MENU

ブログ

歯を抜かないでいいの?


歯医者に行って、歯を抜かないといけないと言われたら、怖くて嫌な気持ちになりますよね。

必ずしも、絶対歯を抜かないといけないという訳ではありません。

明らかに異常があり,ご自身でもグラグラで噛めない、噛むと痛いなどの場合は歯を抜かないといけないことが分かるとおもいます。

 

問題は痛みがなく、何もなく使えている歯がレントゲンやお口の中のチェックを受けた時に抜かないといけない(抜いたほうがよい)と言われた場合ですね。

異常がみつかりやすい歯として

・神経をとっている歯

・親知らず      が多いです。

 

神経をとっている歯は、むし歯が進行していても痛みを感じないことが多いです。

なので自覚症状がなく、むし歯が進行しているのに気づきにくいです。

根の先が化膿したり、むし歯で薄くなった部分が割れてしまってるなどの異常がでている場合もあります。

ご自身で気づくのが遅れるという点で、チェックしたときに手のほどこしようがないということが起こりえます。

また、その歯が原因となって歯の周りの骨を溶かして、近くの歯にまで影響を及ばしている時や

むし歯の状態が進行しすぎて、歯を治療しても残しようがない時には抜歯という選択肢が出てきます。

抜歯になるかは、その歯を治療して元のように歯として機能させれるのか

残すことで周りの歯に悪影響を及ばさないかが非常に重要になってきます。

その歯を残すことでお口全体や、近くの歯に悪影響を及ぼすなら、抜歯を選択した方がお口全体としての健康を守れます。

 

親知らずを抜歯する(抜歯した方がよい)理由もにていますが

親知らずの場合は自覚症状がでてから抜かないといけないパターンが多いです。

自覚症状がなく、ますっぐに生えている場合でもケアが行き届かず、むし歯のリスクが高いときや

親知らずがあることで汚れが溜まり、隣の歯である第二大臼歯がむし歯になったり、支えの骨を溶かして第二大臼歯の寿命を縮めてしまうのであれば

抜歯をお勧めします。

 

歯を抜く基準としては、その歯を無理に残すことで身体や他の歯に影響を及ぼすかどうかが大きく関係します。

ただ、ダメージのある歯でも今すぐ抜歯するよりも、経過を見ながら時期がきたときに抜歯することの方が他の歯を少しでも守れることもあります。

単純に悪いから抜歯ではなく、全体をみて判断しないといけません。

まずは、違和感を感じたらすぐに歯医者を受診する、

定期健診を受けて現状のお口の状態をしっかりと把握する、

悪い箇所があれば治療して少しでも、その歯を守る、

これらが歯を抜く確率を減らす近道になります。

ご自身の歯を守るためにも、しっかと予防していきましょう。