MENU

ブログ

歯を削らない、神経をとらないって治療って?


歯医者への不満や怖さは歯を削られる、歯の神経をとられるということが圧倒的に多いと思います。

そんな時に、歯を削らない治療や、神経をとらない治療方法があるのかが気になりますね。

結論から言うと

歯を極力削らない方法神経をなるべくとらない方法はあります。

 

どのような方法でするかというと

1 拡大鏡(ルーペ)をつけての治療

拡大鏡をつけて治療することで細部をしっかりと確認できます。

むし歯になっているところや、汚れているところをピンポイントで取り除きやすくなります。

 

2 う蝕検知液を使用する

むし歯になっている部分を染めてくれるう蝕検知液を使うことで、むし歯になっている部分を的確に取り除けます。

また、不用意にむし歯でない部分を削ってしまうリスクが非常に少なくなります。

 

3 手用切削器具を使う

むし歯の大きな部分については機械を用いてしっかりと取り除き、部分的に鋭利な手用器具(エキスカベーターなど)を用いてむし歯を取り除いていきます。

どうしても、機械で削ると削れすぎたり、ピンポイントでむし歯だけに当てにくいことがあります。

そのような時や神経に近い場合のむし歯においては、手用器具を用いて歯を傷つけないようにします。

 

4 薬剤を使用する

全てのむし歯治療でするわけではないですが、むし歯が深いときに薬剤をおき仮の蓋をして、経過を見ます。

むし歯の原因の菌を薬剤で死滅させることで進行を防ぎ、むし歯を抑制します。

ある一定の期間をあけ、仮の詰め物を外し中を確認して、一層取り除いて最終的な詰め物をします。

 

5 神経が出ても神経を極力残す

これは限られた場合の方法になり、全ての治療時に当てはまるわけではりません。

ただ神経をすべて取り除くよりも、根の成長であったり歯の保存の点で非常に有効になります。

むし歯や治療時に歯の神経が出てきてしまった時に、神経の一部分のみを取り除き薬剤をおき仮に詰め物をします。

一定の期間をあけて、症状がないか、レントゲンなどをとって神経が死んでしまってないか確認します。

問題なければ、仮の詰め物を外して最終的な詰め物にします。

 

これらの方法を使うことで歯を極力削らず、神経をなるべくとらずに治療できます。

また、初期のむし歯であれば、すぐに削ることはせず、フッ素を使ったり、ケアをして進行を抑制して再石灰を促して削らなくてすむようにしていきます。

 

歯を削ったり、神経を残すのに重要なのはむし歯の大きさ、むし歯のなっている場所であったり、歯の状態、歯の周りの状態が非常に大きく関係してきます。

いくら歯や神経を残したくても、状態によってはきちんと神経をとり処置をして、薄くなって割れそうな部分の歯を削ってする方が

歯を守れることがあるのも事実です。

歯を守るために定期的にチェックを受け、ご自身でのケアの質をあげて、むし歯などになりにくい環境を作ることが一番大切です。

ただ、なってしまった場合に今までお話しさせてもらった方法を用いて出来るだけ、歯を削らない、神経を取らないように努めます。

少しでも、皆さんの歯を永く健康に保つためにがんばります。