web予約はこちら
MENU

ブログ

歯の着色や黄ばみって

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

歯の色や汚れ、着色が気になる方は多いですよね。

 

なぜ、着色や色がつくか、話していきます。

 

 

・加齢によるもの

 

歯はだんだん摩耗して薄くなってきます。

 

エナメル質の内側にある象牙質が透けて見えてくることによって

 

黄ばみとしてみえたり、透明感がなくみえてきます。

 

 

・むし歯や歯石が原因のもの

 

むし歯の色は皆さんイメージしやすいと思います。

 

黒くなっていますね。

 

初期のむし歯では透明感のない白濁になり

 

少し茶色くなったものもあります。

 

歯石の付着では、唾液由来のものは黄白色をしています。

 

血液由来のものは黒褐色になります。

 

 

・食事などによるもの

 

コーヒーやお茶、赤ワインなどに含まれる色素が歯の表面について着色します。

 

歯の裏側に付きやすいですが

 

歯の表面性状によっては表側にもつきやすくなります。

 

タバコでは、特に上の前歯の裏側に着色がつきやすいです。

 

 

・歯のひびや亀裂によるもの

 

噛み合わせが強い方や、歯ぎしり、食いしばりをする方

 

歯の表面にひびが入ったり、細かなキズがついていることが多いです。

 

歯の表面が粗造になると着色が入り込みやすくなります。

 

また、歯に亀裂が入ると歯に筋が入ったようにみえます。

 

 

・薬剤や遺伝によるもの

 

遺伝的な疾患が原因でなるものや

 

テトラサイクリン系の薬剤を出生時~幼少期に服用してなるテトラサイクリン歯などがあります。

 

 

他にも着色や黄ばみの原因になるものがありますが

 

それぞれで白くする方法や治療の方針が変わります。

 

また、どのくらいキレイにしたいかでも変わってきます。

 

気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

関連記事

歯を白くしたいな

 

 

 

歯やお口の悩みを相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851