web予約はこちら
MENU

ブログ

手軽にキレイになる歯の治療はないかな~

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

歯をキレイにしたいな、

 

歯と歯のちょっとした隙間を治したいけど矯正はしたくないな、

 

銀の詰め物を白くしたいけど型どりとかはしたくないな、

 

と思ったことがありますか?

 

歯の状態やお口の状態によっては、ほとんど歯を削らずに即日に治せる治療方法があります。

 

ダイレクトボンディングという方法です。

 

ダイレクトボンディングとは、

歯の色にあったコンポッジトレジンという詰め物を用いて歯を修復する治療方法です。

 

歯と歯の隙間(すきっ歯)をキレイに詰めたり、部分的な銀の詰め物を外して詰め替えてキレイにすることが出来ます。

 

歯と歯の隙間を、自然な状態に修復したものからみていきましょう。

 

 

 

 

まず、この部分にむし歯がないかの確認します。

 

むし歯がある場合には、むし歯をとる治療からしないといけません。

 

次に、修復する前の噛み合わせや歯並びを診ていきます。

 

・噛み合わせがきつすぎる

・物理的に削って被せ物をいれないとキレイに治せない

・矯正治療をした方が全体のバランスの調和がとれる

などチェック項目を診ていきます。

 

その上でダイレクトボンディングが適応するか判断します。

 

ダイレクトボンディングが適応となった場合に、まず現在の状態を写真撮影します。

 

場合によっては、型取りをおこないます。

 

その場ですぐ治療が出来る場合と

 

一度模型におこしてから、再度診断して最終的な形をワックスなどで復元してからおこなう場合とがあります。

 

特に前歯の隙間をつめる時には、模型上で最終的な歯の形を患者さんと共有していきます。

 

その形で問題なければ治療を始めていきます。

 

歯の表面を消毒してから、材料がひっつきやすくなるように薬剤を塗ります。

 

形を整えながらコンポジットレジンを盛っていきます。

 

または、最終形態をイメージした模型から専用のマウスピースを作りその中にコンポジットレジンを入れておこなう方法もあります。

 

形作りの難しさなどから判断します。

 

形を作って盛り上げて固めたところを磨いていきます。

 

見た目や噛み合わせに問題がなければ、終わりとなります。

 

 

 

 

部分的な金属が入っている場合にダイレクトボンディングをおこなう場合についてもお話しします。

 

 

 

 

先ほどと同じで、むし歯になっていないかと大きさや噛み合わせ的に適応するかの確認をおこないます。

 

前歯の隙間を詰めるときと違う点は、

 

・金属を外すのに削る処置がある

・金属と歯をつなぎ止めていたセメントをキレイに取る為に歯を若干削ることがある

・削るので麻酔をすることがある

などの点があります。

 

金属を外し、

 

 

 

 

歯をキレイにした後は同じで歯にあった色のコンポジットレジンを詰めていきます。

 

形を整えながら磨き、噛み合わせの調整をして終わりとなります。

 

 

 

 

どちらもメリットとしては

 

・治療期間が短い

・型取りの必要性がほぼない

・歯を削る量を必要最低限に抑えることができる

 

デメリットとしては

 

・全ての歯に適するわけではない

・被せ物に比べると欠けやすい

・色合わせが難しいことがある

・場合によっては治療時間が長くなることがある  などがあります。

 

ダイレクトボンディングが適応となれば、治療期間も歯を削る量も少なくキレイに出来ます。

 

気になる方は一度ご相談下さい。

 

少しの悩みや問題を解決することで、お口への関心が高まります。

 

お口への関心が高まり、”自信を持って魅力的な口元へ”のお手伝いができればと思います。

 

最後に他の実例もあげておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

歯を削らない治療はあるの?

 

 

審美治療について相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851