web予約はこちら ホワイトニング専門サイト ナチュラルセラミック専門サイト インスタグラム
MENU

ブログ

ブログ|三木歯科|姫路市飾磨駅の歯科・小児歯科

子どもの口の中について 3

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

今回は全身の病気で現われる口の中の異常についてお話しします。

 

 

・ヘルペス性口内炎

 

乳幼児がヘルペスウイルスに初めて感染したときに発症します。

 

口の中に発赤と腫脹が生じます。

 

上あごでは水疱が破れやすく、ただれやすいです。

 

症状は軽症から重症まで幅があり

 

1~3歳の乳幼児では

 

高熱がでて、咳や鼻水がなく、通常ではない口内炎がでます。

 

できるだけ刺激の少ないものを中心にとり、水分もしっかり取るようにします。

 

食後はお湯や刺激のない含嗽剤などでうがいをして

 

口腔内を清潔にすることが特に大切です。

 

小児科や口腔外科と対診します。

 

 

・麻疹(はしか)

 

麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。

 

口腔粘膜は一様に発赤

 

特に頬粘膜では直径1mm程度の少し膨らんだ白色小斑点コプリック斑とよびます)を認めます。

 

小児科などと対診します。

 

 

・手足口病

 

手のひらや足のうらや四肢末端

 

口の中に直径2~3mmの紅斑、丘疹、水疱がでます。

 

小児科などと対診します。

 

 

・猩紅熱

 

5~15歳に好発して

 

A型溶血性連鎖球菌による感染症です。

 

発熱や倦怠感などの全身症状とともに

 

脇や首や股などに顕著な発赤がみられ急速に広がっていきます。

 

口の周りは逆に蒼白で口角炎を伴うことが多く

 

舌はいちご状になります。

 

小児科と対診します。

 

 

全身症状があるときには口の中にも異常がでることがあります。

 

全身的なことが先行することが多いので

 

小児科や内科などに行かれると思いますが

 

口の中にも異常がでることがあるので知っておくと良いかもしれません。

 

 

関連記事

子どもの口の中について 1

子どもの口の中について 2

 

 

子どもの歯やお口の悩みを相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851