MENU

ブログ

唾液って?


唾液は

・口の中を潤す

・食べ物の消化を促す

・口の中の細菌やウイルスの増殖を抑える

・歯や歯周組織に対してのトラブルを防御する    などの様々な作用があります。

唾液の特性について話します。

唾液は唾液腺で産生される分泌液です。99%が水分で残りが100種類以上の無機質や有機質の成分です。

消化・潤滑・免疫作用などをもちます。

歯に対しては食べかすなどを洗い流す洗浄作用、phを調整する緩衝作用、エナメル質脱灰を修復する再石灰化作用があります。

一日に1~1.5ℓ分泌されます。

刺激なしの安静時唾液(0.3~0.4ml/分)と食事などによる刺激時唾液(1~2ml/分)に分けられます。

刺激時唾液は出る量が多いので緩衝作用に重要な成分が多く含まれています。

副交感神経が働いている時(リラックスしている時など)は血管が広がり水分やイオンが多い漿液性唾液(サラサラなもの)がでて口が潤うように感じます。

交感神経が高まった時(緊張したり、興奮している時)は、逆で血管が縮まり水分が減りタンパク分泌が促進して粘度が高まり粘液性唾液(ネバネバしたもの)になり口が渇くように感じます。

ざっくりと唾液の特徴について書きました。

唾液があることで食事がしやすくなり、また歯や身体を細菌などから守っています。

加齢や特定の疾患で唾液が出にくくなると

舌などの粘膜が傷つきやすくなったり、むし歯になるリスクが格段に上がります。

異変や気になれば歯科医院を受診することをおすすめします。