web予約はこちら
ホワイトニング専門サイト
ナチュラルセラミック専門サイト
MENU

ブログ

今後のことも含めて入れ歯ってどうなの?

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

入れ歯に対してどのようなイメージがありますか?

 

「お年寄りがするものでしょ?」

「なんだかカッコ悪い」

「ただただイヤだ、、」

 

 

ネガティブなイメージが多いと思います

 

実際に入れ歯に拒否感を示される患者さんは多いです

 

 

ただ入れ歯は

 

治療の一つです

 

 

入れ歯をいれなくても良いおくちの状態にしておくことが大事

 

ただ治療として入れ歯を検討しないといけない状況になるかもしれません

 

入れ歯について少し知識を持っておくと良いと思います

 

入れ歯と言っても様々なタイプがあります

 

部分入れ歯や総入れ歯など耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

他にも保険でおこなうもの、自費治療でおこなうもの様々な種類があります

 

おくちの状態や、残っている歯の状態、本数などによっても

 

作れる入れ歯は変わります

 

 

入れ歯で重要になってくるのは

 

現在のおくちの状態

 

入れ歯がイヤであっても、おくちの状態によっては

 

入れ歯が最善の治療になることがあります

 

残っている歯の状態、おくち全体の状態、骨の状態、健康状態などなど

 

多岐にわたって診てきめないといけないのです

 

 

入れ歯になって一番皆さんが言われるのが

 

違和感がある

 

これが多い

 

入れ歯とはいえ、おくちの中に異物が入るのではじめは違和感が必ずあります

 

入れ歯は噛める様にするための道具ですので

 

きちんとしたケアや調整をすることで噛めますし、問題なく使える様になります

 

入れ歯のデメリットは

 

違和感や取り外しなどの手間につきます

 

 

入れ歯は手軽に出来る治療と思われがちですが

 

作り方やおくちの状態によっては

 

残っている歯の治療、ハグキの治療、仮の入れ歯を作らないといけないことも多い

 

歯のないところにただ入れ歯を入れるだけでは

 

しっかりとした入れ歯が出来ないですし

永く使える入れ歯になりません

 

 

また入れ歯が出来上がるまでに回数も期間もかかります

 

作業工程が多いので

 

来院回数も多くなり作るまでに疲れてしまうことも、、

 

作って終わりではなく

 

使えるようにするために何度かは調整が必要です

 

入れ歯は先ほども書いたように道具ですので

 

毎日の手入れはもちろん、問題がなく使用できていても定期的なチェックは必要です

 

そこまでして満足のいく入れ歯の出来上がりなのです

 

大変ですよね、、

 

 

入れ歯をつかうことになった多くの方が

 

もっと歯を大事にしていたらと言われます

 

ご自身の歯で食事や会話ができるというのは素晴らしいことなんです

 

入れ歯にならないようにご自身の歯を大切にし

 

もし入れ歯をしないといけない状態になったとしても

 

歯医者に通いご自身に合った入れ歯を作ってケアをしましょう

 

そうすることで必ず入れ歯を使えるようになりますので

 

 

入れ歯に対して不安がある方やご自身の歯を大切にしようと思ってもらえる

きっかけになれば幸いです

 

 

関連記事

入れ歯について

入れ歯について 2

 

 

入れ歯について相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851