web予約はこちら
ホワイトニング専門サイト
ナチュラルセラミック専門サイト
MENU

ブログ

ホワイトニングについて 5

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

前回の続きで歯の状態によってホワイトニングが適応になるのかどうかについてお話します。

歯根露出を認める歯

歯根露出部にホワイトニング剤が触れると知覚過敏が生じやすいため原則的には適応しません。

ただし、歯根露出の程度によってはホームホワイトニング時に使用するマウスピースを歯根露出部に薬剤が付着しないようなデザインにして

来院ごとに知覚過敏抑制剤を塗ることでホワイトニングができることもあります。

 

・知覚過敏歯

もともと冷たいもので歯がしみやすいなど知覚過敏がある歯にたいして、ホワイトニングをおこなうと知覚過敏症状がきつくなることがあります。ホワイトニングの術前術後に知覚過敏抑制剤を使用しても強い知覚過敏が生じる場合はそれ以上ホワイトニングをおこなえません。知覚過敏であっても知覚過敏抑制剤の使用や知覚過敏歯を避けてホワイトニング剤の塗布をするなどの対応によってはホワイトニングができることがあります。

 

・歯の亀裂(クラック)、咬耗、摩耗がある

亀裂、咬耗、摩耗が認められる歯は、術後だけでなく術中でも知覚過敏が生じる可能性があります。

術中に痛みが生じた場合は薬剤を拭き取り、ホワイトニングを中断します。重度の亀裂を認める場合はホワイトニングが適応となりません。

軽度であればそこを避けたりして、ホワイトニングができる可能性があります。

 

ホワイトニングをおこなうあたっては1歯単位での検査も非常に大事です。

まずは、しっかりと検査を受けてホワイトニングが適応するかどうかを確認してもらいしょう。

ホワイトニング前、ホワイトニング中も気になる事があればお気軽にご相談ください。

 

関連記事

ホワイトニング

ホワイトニング2

ホワイトニング3

ホワイトニング4

 

 

ホワイトニングの相談が出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851