web予約はこちら
ホワイトニング専門サイト
ナチュラルセラミック専門サイト
MENU

ブログ

ホワイトニングについて 3

Pocket

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

今回はホワイトニングにおける歯の状態についてお話します。

 

ホワイトニングにするうえで

・エナメル質・象牙質形成不全

・乳歯、幼若永久歯

・金属塩の沈着

・テトラサイクリン歯

・むし歯がある

・歯根露出を認める歯

・知覚過敏歯

・歯の亀裂、咬耗、摩耗

・修復物(詰め物など)がはいっている   などが重要になってきます。

 

エナメル質形成不全とは様々な要因(遺伝や外的要因や全身的なことなど)で歯の外層のエナメル質に異常があるものです。

 

歯が欠けやすかったり、色がまだらに白かったり、知覚過敏がでやすかったりと様々な症状があるためホワイトニングが適応となりません。

 

象牙質形成不全症は遺伝子の突然変異が原因でなると言われています。

 

エナメル質の剥離や著しく歯が咬耗する、歯が透明感のあるオパール様の色をしており

ホワイトニングが適応となりません。

 

ホワイトニングでは白くならないため適応となりません。

 

乳歯や幼若永久歯の場合は、歯がしっかりとできあがっていないため薬剤による刺激が強く歯にあたえるダメージが大きいので適応しません。

 

金属塩とは酸の水素原子を金属イオンと置換した化合物です。

それが、歯に沈着しているとホワイトニングでは白く改善できないため適応となりません。

 

テトラサイクリン歯とは、歯の形成期にテトラサイクリン系の抗生物質を大量にとると副作用で起こる歯の変色です。

 

歯の色が灰色がかったり、縞模様があったりします。

 

テトラサイクリン歯の場合は、程度によってはホワイトニングで改善することがあります。

 

ただし、健常な歯に比べると期間がかかることが多く、白くなる程度も低いことがあります。

 

ホワイトニングで白くなる歯は多いですが、適応とならない症状や歯の状態があるというのを知ることも大事です。

お気軽におたずね下さい。

 

関連記事

ホワイトニング

ホワイトニング2

ホワイトニング4

ホワイトニング5

 

 

 

ホワイトニングに関して相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851