web予約はこちら
ホワイトニング専門サイト
ナチュラルセラミック専門サイト
MENU

ブログ

銀歯を白くしたい、白くする方法はありますか?

Pocket

 

こんにちは

 

姫路市飾磨区の三木歯科です

 

 

 

銀歯を白く変えたいと思ったことありませんか?

 

 

 

・おもいっきり笑いたい

・もっと見た目をキレイにしたい

・金属アレルギーが心配、、、

 

 

 

銀歯は白く変えられます

 

 

銀歯を白くすることで

あなたの悩みは解決できます

 

白くするだけでなくカラダにもメリットがあります

 

歯やお口の状態によって最適なものは変わりますが

銀歯を白くする治療方法を二つ紹介します

 

 

 

 

 

1 ダイレクトボンディング

 

 

ダイレクトボンディングは銀歯の部分を削りとり

その日に白い詰め物をつめて治す治療

 

ダイレクトボンディングが適用する歯は多く、下図のような歯は最適です

 

 

 

ソース画像を表示

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイレクトボンディングのメリットは

 

 

・歯を削る量が少ない

・とれたり欠けた時の修理・修復が簡単

・型取りがいらない

 

 

デメリットは

 

 

・1回の治療時間が長い

 

 

 

ダイレクトボンディングは歯を削る量が少なく修理もしやすい

 

適応になると多くのメリットがあります

 

詰める材料も色々と種類があり、個人個人に合う色調を出しやすくなっています

 

適応となるかどうかをみてもらいましょう

 

1回の治療で白くできるのは良いです

 

 

 

 

2 セラミック

 

 

セラミックも多くの歯に適応する材料

 

セラミックは金属と違ってお口の中でより化学的に安定しています

 

歯に入れる銀歯の多くは「歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金」です。

(*現在はチタンも使用されることがあります)

 

 

 

 

 

 

JIS規格(JIS適合品)で入れられる金属、金属の量が決められています。

金が12%、パラジウムが20%、そして銀の含有率は50%前後、銅20%前後、その他インジウムなど数%が含まれます。

金とパラジウムの含有率に関しては、どこのメーカーでも同一規格となっていますが

その他の金属の含有率はメーカーによって異なります。

 

現在使用されている歯科用金属は約60年程前から使用されております

 

歯科用金属はお口の中でも化学的に安定しやすいものが使用されていますが

 

毎日の食事や噛み合わせ、唾液などにさらされることで

 

金属イオンが溶け出すことがあります

 

それが続くことで金属アレルギーの原因になることも

 

銀歯が入っているから絶対になるわけではもちろんありません

 

ただ

銀歯が入っていると金属アレルギーになる可能性はゼロではありません

 

 

 

その点セラミックは金属を使用していないので

 

金属アレルギーの心配がありません

 

 

そもそもセラミックとは

 

狭義には陶磁器を指すが、広義では窯業製品の総称として用いられ、無機物を加熱処理し焼き固めた焼結体を指す[1]。金属や非金属を問わず、酸化物炭化物窒化物ホウ化物などの無機化合物の成形体、粉末、膜など無機固体材料の総称として用いられている。

(参照: ja.wikipedia.org/wiki/セラミックス

 

お茶碗などの陶器をイメージしてください

 

セラミックはお茶碗などの陶器と似た成分でできているので

強度があり、キズがつきにくいのも特徴です

 

強度があるので全ての歯で使用することが可能です

 

お茶碗を想像してもらえばいいかと思いますが

あまり表面がザラザラという事はないですよね?

 

長年使ってもらっても表面にキズがつきにくいので

ツルツルな状態がつづきます

 

表面がツルツルなので汚れがつきにくく

むし歯や歯周病のリスクを下げられます

 

 

 

 

 

 

あとセラミックは色の再現性が非常に高い

 

さまざまな色を組み合わせることで個人個人にあった歯の色を再現することが出来ますし

とにかく白くしたい方にもオススメ

 

 

 

 

 

 

そんな良いセラミックですが、欠点はあります

 

 

金属と比べると割れたり欠けたりすることがある

欠けた時にすぐに修理ができない

 

 

材料の性質上、セラミックは金属にくらべると割れる、欠けることがあります

 

歯ぎしり、食いしばりが激しい方は特に欠けるリスクがある

 

 

欠けたり割れるとセラミックをすべて外し、再度型取りをして作り直す必要があるからです

 

最低でも修理には2回の来院が必要になります

 

 

 

今回は銀歯を白くする方法を二つ紹介しましたが

 

他にも銀歯を白くする材料はあります

 

 

すべての材料について言えることですが

 

あくまでも歯に人工物をいれて噛めるようにするものです

 

 

・材料の選択によってむし歯や歯周病になるリスクを下げられる

 

・金属アレルギーなどカラダに影響をおよぼさないものがある

 

 

これらを考えて選択することが大事になります

 

保険の被せもの、詰め物は治療費がおさえられますが、材料の選択ができません

 

保険外のものですと選択肢は広く歯やカラダに合った物をえらべます

ただ治療費は高くなる

 

 

治療費、治療期間などさまざまな要素はありますが

 

あなたの歯やお口の状態にあったものを入れるのをオススメします

 

 

あなたの歯は大事なカラダの一部

 

 

被せたり、詰めたりして治すことはできますが限度はあります

 

何度も削りなおしをすると、あなたの歯はどんどん少なくなってしまいます

 

歯がなくなると被せたり詰めて治すということが出来ない

 

 

あなたのお口の状態にあった物を選んでもらい

少しでも歯を失うリスクが減るものを選んでもらえればと思います

 

 

すべてをまかなえる材料は現在ありません

 

見た目だけでなく、あなたのカラダのことでもあり

 

 

ずっとお口の中に入っているもの

 

 

これを忘れないでください

 

 

少しでもこのブログを読んで興味や相談したいとなってもらえれば幸いです

 

 

 

関連記事

白い被せ物をいれたいな~

 

 

 

銀歯を白くしたい、どれがいいかについて相談出来る歯医者さん

 

夜18時30分までやってます(最終受付18時00分)

 

三木歯科

 

山陽電鉄  飾磨駅  徒歩3分

 

兵庫県姫路市飾磨区玉地1-53-3

 

TEL:079-235-1850

FAX:079-235-1851